塾でたくさんの古典作品を読み解こう

塾でたくさんの古典作品を読み解こう 日本語を母国語としながら、国語が苦手だという高校生は非常に多いと思いますが、大学受験を志している場合はそうも言っていられません。多くの大学が国語の試験を課しており、避けて通ることが難しい科目です。国語には現代文、古文、漢文がありますが、特に古文が苦手だと感じる生徒は多いと思います。古典作品で使用されている日本語は現代語とは似ても似つかないもので、単語の意味も推量することすら難しいものばかりです。
そこで塾ではそのような生徒のために、古典作品を数多く読み解かせます。数をこなすことで読み解く力も付きますし、そこで出会う単語を一つでも多く覚えて行くことが大切です。また現代語訳も詳細に解説してくれますので、作品の面白さにも気付き読み解くことが楽しいとすら思えるでしょう。塾では生徒の苦手意識を無くし、興味を持たせることも大切にしています。学校の教師とは一味違った授業のプロに面白さを教えて貰いましょう。

塾での高校生国語の古典の授業で、用言の活用は最重要

塾での高校生国語の古典の授業で、用言の活用は最重要 古典に関し、高校生に求められる知識は、中学生の時と比べて格段に高度なものとなります。扱われるのはよく知られた平易な文章ではなく、きちんと知識を身につけておかなければ読み解くことはできません。根本的知識として、動詞や助動詞、形容詞、形容動詞の「用言」について理解することは最重要課題です。古典も日本語ですから、文章の構造はほぼ同じなのですが、使われている言葉が違います。
特に、用言の活用形は現代語とは全く違う形を取るものも多くあるので、改めて覚えなければなりません。活用そのものが問題として出題されることもありますし、解釈により文脈を正しく理解できているか、現代語訳として問われることもあります。学校の授業では、教科書に取り上げられた文章内に出てきた文法について学習していくことが多いですが、塾の授業では、まず用言を確実にマスターすることから始まります。文法をマスターした上で文章を読んでいくので、塾の授業を受けた上での理解力は格段に上がると言えるでしょう。